発達障害の特徴とその対応

10月1日東新宿のACT会議室で、スキルアップ研修に参加してきました。

講師は、明星大学教育学部教授の星山麻木さん。
とっても、興味深い内容で、2時間半の長時間にかかわらず、あっという間でした。
最後の質疑応答では、質問する人がたくさん。30分もオーバーする程の白熱した授業でした。

発達障害に早期支援が重要なのは、そのままでは自尊感情が低下していく環境だから。
養育といっても、家族を支え、子どもを丁寧に観察し丁寧に育てること。
ふつうの子育てとなんら変わりはないのです。

既製服が合わないだけで、オーダーメイドの服であれば素敵に輝ける。
発達障害の子どもたちには、
「既製服なんて、着る必要ない!あなたはそのままで十分魅力的!」
というメッセージを送っているそうです。

根源にあるのは、自尊感情。
大人こども、障がいがあるないに関わらず、枯渇しているのが現在の日本の現状。

大切なことは、みんな同じなんですね。