熱中症対策研修

7月28日(金)船堀タワーホールで、熱中症対策の研修がありました。

はいはい!睡眠と栄養を取り、塩入り麦茶で水分補給・・・でしょ?
と思っていましたが、これは涼しい場所で汗をかくこともなく過ごした場合。

昼間の外出は感じなかったのに夜になり何故かしんどい・微熱がある・血圧低下・脈拍増加などの時は熱中症を疑ってください。

こんな時、間違った水分補給をすると、更に脱水状態になります。

汗は体液です。失った体液に近い養分と量を補給しなければいけません。
なぜなら、養分のない水を飲むと体液が薄くなり、体は元の体液濃度に戻すために、水分をさらに排出しようとするからです。
この悪循環が、脱水症状を助長してしまいます。

では、何を飲めば?
体液に近い飲料が一番で、スポーツドリンクやイオン飲料。

ドラックストアには、他にも、熱中症予防飲料や、経口補水液(点滴に似た成分で緊急時に飲む)が置いてあるので、要チエックですよ。

汗をかく前に補給!汗をかいたら補給です!
身体に入る水分の半分は食事から。夏バテ防止にも栄養は大切です。
食欲不振でダイエットせず痩せられる〜なんて恐怖と紙一重ですよ〜!

NPO法人ACT江戸川たすけあいワーカーズもも〜今日のももちゃん〜